Country:

Ian Spanier

エンバイロメンタル・ポートレート(被写体となる人物の自然な姿を映した肖像写真)、旅行、スポーツ、およびフィットネス

Ian Spanierが写真を撮り始めたのは6歳の時で、彼の両親が初めて彼に自動露出カメラを与えたのがきっかけでした。大学で写真技術を専攻した後、彼は、編集者として出版の仕事に就きましたが、写真撮影が彼の脳裏から消えることはありませんでした。35mmフィルムの知識しかなかった彼は、ミディアムおよびラージフォーマットの技術と照明技術を独学で学びました。

Ianの最初の出版作品である"プレイボーイ、葉巻の指南書"の完全写真集は、2009年11月にシガーショップに届けられ、2010年の春には小売店に並びました。この本は、彼が6カ国を回り、2年半の時を費やして撮った写真の集大成でした。彼の直近の写真集の"地元のヒーロー達、アメリカのボランティア消防士"は、2012年秋に出版されるや絶賛を博しました。

写真に精通した先輩達がありのままを写真に撮る姿を見る度に、Ianは、刺激を受けてきました。彼にとって、写真の対象は一つではないのです。彼もまた、自分が見たものをありのままに撮ることを良しとしているのです。

Ianは、現在カリフォルニア州のロサンゼルスで妻と二人の息子と暮らしています。


www.ianspanier.com
Ian's blog

Featured video

Ian's Gallery

Ianの装備

「私がどんな状況にあっても、Loweproのバッグはいつも自分と一緒で、単に写真を撮る道具を収納してくれるだけでなく、仕事をちゃんと終わらせるのに役立っているのが分かったのです。Loweproのバッグは、従来の写真集ケースに比べはるかに快適なので、打ち合わせに写真集を持って行く時でさえ、Loweproのバッグに入れて出かけるようになりました。どんな状況でもバッグがあり、アクセサリーやシステムが入っていれば、直面する問題は解決できるし、何も心配することは無いのです」

Social Section