Country:

 

Petr Jan Juračka

空中ビデオ、自然、科学、マイクロ写真、および冒険

Petrは、画像のこととなると真のルネサンス的教養人といえるでしょう。彼は、様々な撮影術を駆使して撮影を試みます。チェコのプラハにあるチャールズ大学の理学部に(講師兼)科学写真家として勤務する彼は、電子および光学顕微鏡を使って自然界の事象を拡大撮影する難しい技術に取り組んでいます。

しかし、彼の心は、大学の研究室ではなく、世界の自然に向いています。それゆえ、彼は、しばしば遠方まで旅をして、自然を自身のカメラに収めるのです。近年、Petrは、グリーンランド、南アフリカ、モンゴル、キューバ、そしてバイカル湖にも遠征し、そこで撮った写真は、Paulo Coelho誌の表紙を飾りました。

Petrは、自らをドローンオタクとも称しています。友人達とドローンを何機も組み立て、ウガンダに行ってナイル川沿いを試験飛行させたこともあります。彼は、国際DJI写真コンテストで優勝しましたが、彼のPhantomは、その時貰った賞品です。こんな訳で、彼は自分のドローンとDroneGuard Backpack 450 AWを持ってしょっちゅう出かけているのです。


petr.juracka.eu
500px.com/petrjanjuracka
Blog 


 

Featured Videos

Petrの装備

「私にとって、バッグ選びは、カメラのレンズを選ぶくらい重要なのです。特に、冒険を求めて世界の果てまで旅する時は、ミスは許されません。ですから、たとえ何が起ころうとも、私の機材は安全なのだという確信を得る必要があるのです。(ところで、時には機材と同じくらいに私自身も安全であることが感じられれば有難いのですが)」

No products have been found.

Social Section